更年期障害

更年期障害は、女性ホルモンが減少し体内の恒常性(一定に保とうとする働き)が崩れることによって起こります。

この病の場合は、中医学的手法で行います。 中医学では「絶経前後諸証」と呼ばれます。

・腎陰虚
 陰液にあたる物質的な要素の減少によっておこります。
 体が乾燥して熱をもっている状態になります。
 まず、年をとると生命エネルギーである「腎精」が不足してきて、腎陰虚になります。 
 腎陰虚がひどくなると、肝、心に波及し、肝腎陰虚(さらに進んで、肝陽上亢)、心腎不交となる。

 腎陰虚(月経先期):ほてり、耳鳴り、不眠、寝汗、五心煩熱、めまい、口喉の渇き、不正出血
  基本処方:腎兪、太谿、三陰交、関元、百会
  滋養腎陰:照海、陰谷、復溜

 肝腎陰虚:腎陰虚(ほてり、耳鳴り、不眠、寝汗、五心煩熱、めまい、口喉の渇き、不正出血)
     +肝陰虚(ドライアイ、目がまぶしい)
  基本処方:腎兪、太谿、三陰交、関元、百会
  滋養腎陰:照海、陰谷、復溜
  滋養肝陰:肝兪、太衝、中封

 肝陽上亢(肝陰虚が進んで):頭痛、のぼせ、イライラ、怒りっぽい
  基本処方:腎兪、太谿、三陰交、関元、百会
  滋陰平肝潜陽:風池、太衝、百会
  滋養腎陰:照海、陰谷、復溜
  滋養肝陰:肝兪、太衝、中封

 心腎不交:腎陰虚(ほてり、耳鳴り、不眠、寝汗、五心煩熱、めまい、口喉の渇き、不正出血)
     +心陽亢盛(不眠、多夢、五心煩熱)
  基本処方:腎兪、太谿、三陰交、関元、百会
  寧心安神:心兪、内関
  清心降火:労宮
  滋養腎陰:照海、陰谷、復溜


・腎陽虚(月経後期):精神不振、手足の冷え、寒がり、頻尿、経量多し、不正出血
 脾を温煦できず、脾腎陽虚となる。
 脾腎陽虚(脾陽虚弱):腎陽虚(精神不振、手足の冷え、寒がり、頻尿、経量多し、不正出血)
      +脾陽虚(お腹の張り、下痢、むくみ)
  基本処方:腎兪、太谿、三陰交、関元、百会
  健脾温陽(鍼+お灸):血海、脾兪、足三里、神闕、関元
  温腎扶陽(鍼+お灸):命門、腰陽関、関元

さらに、つらい症状に対しては平方鍼法を用いて直接緩和します。

この記事へのコメント