腰痛

腰痛(坐骨神経痛)にはいろいろな原因があります。

それぞれの原因を見極めてから、治療に入ることが重要だと思います。
初診時にはしっかりと原因を探るべく、問診を行いながら治療にあたります。
以下のものは、みんな腰痛があるが、それ以外にも随伴症状(カッコ内)があるので、
原因を突き止めるのに役立ちます。
最終的には、大きな病気の場合には、病院で確定診断を受ける必要もあります。

筋肉系
・ぎっくり腰(腰椎捻挫、突然発症、運動時痛)
・梨状筋症候群(長時間前かがみの姿勢をとっていると痛む、臀部の圧痛)
・リウマチ性多発筋痛症(首から臀部にかけてこわばりがあり、朝方がツライ)

骨・軟骨の変形
・椎間板ヘルニア(前かがみで悪化、座位でも痛む、足まで痛みがある)
・脊柱管狭窄症(高齢者に多い、歩くと足がしびれる、前かがみでらくになる)
・腰椎分離症、すべり症(腰のひねり、後ろへそらすと痛い)
・腰椎圧迫骨折後の後遺症(骨折の既往歴)
・変形性腰痛症(高齢者・重労働者に多い、うしろへそらすと悪化)
・変形性股関節症(股関節から膝まで痛む)
・仙腸関節のずれによる筋緊張(ポイントで痛いところがわかる、片足ジャンプで増悪)

神経系
・脊髄腫瘍(運動麻痺、知覚障害、膀胱直腸障害)
・脊椎カリエス(微熱、食欲不振、倦怠感、患部をたたくと痛い)
・心因性腰痛症(姿勢、動作、痛む場所、大きさが変化する、部位を治療しても効かない)
・パーキンソン病(症候群)の筋肉のこわばりによる腰痛(起床時がつらい)

内臓系
・腎盂腎炎(高熱、頻尿、血尿、尿のにごり、腰背部痛)
・腎臓がん(ジャンプして着地時に痛い、どんな姿勢でも痛い、夜間・起床時、前かがみに痛む)
・胆石症(右肋骨下の腹痛、周期的な痛み、食後痛む)⇒  急性膵炎(みぞおちの痛み、嘔吐、背部痛)
・尿路結石(腹痛、血尿、排尿痛、吐き気)
・腹部大動脈瘤(高齢、男性、喫煙、高血圧)
・子宮筋腫(不正出血、貧血)
・骨へのがん転移(肺がん、乳がん、前立腺がん、腎臓がん、肝臓がん、子宮がんなど)

この記事へのコメント