耳鳴り

耳鳴りの原因について

①耳の炎症(外中内耳炎、鼓膜の炎症)
・ウイルスなどの感染後
・耳の痛み
・発熱
・難聴
・耳だれ
・低音域の耳鳴り

②突発性難聴
・突然の発症
・高度の難聴
・片方の耳だけに起こりやすい
・低音域の耳鳴りやめまいを伴う
・再発しない

③低音障害型感音難聴(蝸牛型メニエール病)
・耳閉塞感
・低音域の難聴と耳鳴り

④メニエール病
・低音域の難聴と耳鳴り
・突然の回転性めまい(眼振がある)
・めまい難聴を繰り返す

⑤小脳、幹脳の神経障害後遺症(脳梗塞など)
・メニエール病と同じ症状(眼振がない場合が多い)
・上下肢の麻痺
・感覚障害(触感、音感)

⑥更年期障害
・頭痛、ほてり、冷え、のぼせなど
・不動性めまい(眼振がない)
・耳鳴り(低音域から高音域)

⑦内耳の血流不足
・突発性難聴の原因の一つと言われている
・発汗、お酒の飲みすぎによる脱水時、風邪などの体調不良時
・高音域の耳鳴り

⑧栄養不足
・突発性難聴の原因の一つといわれている
・下痢気味
・休むとらくになる
・めまいが起こる

⑨老人性難聴
・高音域の難聴
・高音の耳鳴り
・両方の耳

治療について
①の炎症がある場合は、耳鼻科の受診と併用すると、炎症の治りがよくなります。
治療点は、耳の周りのリンパ腺とリンパ節に対して優しい鍼(平方鍼法)を行います。
また、長野式により経絡上で「消炎処置」と「扁桃処置」を以下のツボに行う。
「消炎処置」三焦経の関衝、液門
      小腸経の少沢、前谷
「扁桃処置」で手三里から曲池

②の突発性難聴の場合は、原因不明ですが、病院では血流を改善させるためステロイド薬と血行改善薬、
リンパ浮腫を改善させるため利尿剤で治療するのが一般的です。
中医学ではイライラからくる「肝火上炎」。ツボは、風池、陽陵泉、太衝、侠谿
または、余分な水分にあたり「痰湿中阻」。ツボは内関、足三里、豊隆
局所治療として血行を改善させるため、聴宮-翳風に鍼を刺し電気パルス

③、④の内耳のリンパ浮腫が原因の治療は、
リンパ浮腫であるが、その原因の多くはストレスが考えられます。
ストレスがかかるとステロイドホルモン(コルチゾール)が分泌されます。
その結果、抗利尿作用が働き浮腫みやすくなります。
中医学では、ホルモンのみだれによる「痰湿中阻」。ツボは内関、足三里、豊隆
長野式では「頭部瘀血処置」(三陰交、陰陵泉、曲沢、尺沢、百会)、頭部の圧痛点

⑤の脳障害後遺症によるものは、
醒脳開竅法(風池、足三里)や長野式の「脳血流促進処置」(湧泉)によって、
脳血流をよくし治りを助けます。

⑥の更年期障害
耳鳴の治療というよりは、更年期障害の治療になります。(詳しくは後日)
中医学では、ホルモンのみだれによる「痰湿中阻」、「肝腎陰虚」

⑦の脱水は内耳の血流不足
このタイプは水分補給をするとらくになる。
内耳へいっている血管の近くには耳近くの筋肉があるが、筋緊張のため血流を邪魔している。
血行を改善させるため、聴宮-翳風に鍼を刺し電気パルス

⑧の栄養不足は、
正しい食生活とバランスよい食事が大事です。
中医学では、食生活のみだれによる「痰湿中阻」
病みあがりの「気血両虚」
栄養吸収不足による「腎精不足」

⑨の老人性難聴
高音域から聞こえづらくなり、これを補おうと脳でボリュームをあげるために、
本来聞こえない高音のノイズが聞こえて耳鳴となる。
原因としては、感覚細胞の障害、聴神経の障害、内耳血管の障害が考えられる。
中医学では、「腎精不足」。ツボは、太谿、腎兪、関元
血行を改善させるため、聴宮-翳風に鍼を刺し電気パルス


この記事へのコメント